読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

honor 8とGalaxy S6 edgeで東京を撮って比較!

ガジェット 写真 東京都

先日購入したhonor 8と以前から使用しているGalaxy S6 edgeを持って東京駅周辺を散策してきました。同じシチュエーションにて撮影した写真を比較して行こうと思います。

 

 

Winter illumination at Central Tokyo #holidays #lights #xmas #merrychristmas #tokyo #marunouchi #illumination

Hikaruさん(@h1karu.s1122)が投稿した写真 -

 

東京駅周辺ですと現在八重洲側と丸の内側ともにイルミネーションを行っています。まずは八重洲側のイルミネーションから。

illumi.30min.jp

 

なおどちらのカメラも三脚に据えてマニュアルモードでISO感度とSS(シャッタースピード)は固定で(ISO感度は50で固定、SSはS6 edgeの露出計に従って両カメラを揃えて)撮影しています。honor 8のf値がS6 edgeよりも1段ほど大きいため実際には暗い写真ですが、ほぼ同じ明るさとなるように編集してあります。また、どちらも書き出しできる最大サイズで撮影したため、アスペクト比が異なっています。

この記事では比較写真は上がhonor 8、下がGalaxy S6 edgeで撮影したものとなっています。

 

20161222_164955_Huawei

20161222_165027_Galaxy

こちらの2つの写真は東京駅の八重洲側のイルミネーション。WB(ホワイトバランス)はどちらもオートで撮影したため若干色味が異なっています。この2枚だとhonor 8のほうが暖色傾向が強いように感じます。

余談ですがここ八重洲通り沿いにあるタイ料理屋「ソイトンロー」は気軽に食べられて美味しい、おすすめです。

さてつぎの写真へ。

20161222_165440_Huawei

20161222_165354_Galaxy

八重洲側は丸の内側と異なり繁華街のような一面も持っています。キャッチの店員がちらほらいたりネオンが光っている雰囲気は丸の内側ではなかなか味わえないですよね。

 

20161222_170518_Huawei

20161222_170255_Galaxy

これは東京駅八重洲口のグランルーフで行われているプロジェクションマッピングの様子。

illumi.30min.jp

残念ながら12月25日までで終わってしまっているようですね。この2枚の写真だとS6 edgeが暖色寄りになっているように見えます。

 

20161222_173906_Huawei

20161222_173712_Galaxy

JRの高架下をくぐり丸の内側へと来ました。おなじみ丸の内仲通りのイルミネーションです。風が強かったためイルミネーションの光が揺れて伸びてしまっています。S6 edgeの露出計が±0となるように撮ったはずですがむしろハイライトが飛んでいるように見えます。対してhonor 8は1段分暗かったためにシャドー部分が粘っています。

 

20161222_174300_Huawei

20161222_174211_Galaxy

同じく仲通りで撮った写真。どちらもスマートフォンにしては立派なセンサーサイズだとは思うのですが、やはり表現力という点では今ひとつと感じます。記事冒頭のInstagramはこの写真を加工したもの。

 

次に少しだけ細部を見ていきたいと思います。

スクリーンショット 2016-12-24 16.00.05

八重洲の写真を並べてみました。左がhonor 8で右がS6 edgeです。S6 edgeのほうがノイズ処理は強いのですが、ISO感度50という好条件だと細部も潰れていないように感じます。一方honor 8はノイズ処理が弱いのですが、あとから自分で補正する前提だとそこまで気になる差ではないかな。

どちらもコントラスト、彩度が低めの写真となっていますが(iPhoneも同様の傾向のように感じる)InstagramTwitterに投稿する際にフィルターなどをかけることを考えると理にかなっているかも。

 

スクリーンショット 2016-12-24 16.06.31

八重洲口のグランルーフの写真の周辺部分を切り取っての比較。やはりS6 edgeのほうがノイズ処理が強いのではないでしょうか。ただS6 edgeのほうがセンサーサイズが大きいためその差もあるかも。ここまでズームすると気になりますが、スマートフォンの画面で見る分にはどちらも綺麗です。

 

結論

写真の出来は大差ない。スマートフォンの画面で撮った写真を見たり、SNSにて撮った写真をアップロードしたりする分にはどちらの画質でも十分だと思います。

ただ重要なのはカメラアプリの機能やインターフェースだと思うんですよね。今回比較でS6 edgeのカメラの露出計を用いました。というのもhonor 8ではマニュアルモード(アプリ上はプロ写真)で露出が表示されません。試し撮りして露出を合わせている間にシャッターチャンスを逃すことにつながりかねません。S6 edgeの機能としては他にもプリセットとして色味やWBなどを保存できる機能も備わっていて自分の好みの色で撮れます。ただhonor 8の機能としてはカメラアプリに水準器が備わっているため水平をとりやすいですね。これは風景写真だと特に欲しい機能。

総じて評価するならばS6 edgeのほうが好みです。素敵な写真を撮る前にはまずシャッターチャンスを逃せませんからね。

 

今回比較してスマートフォンでもコンデジ画質が撮れる時代というのは確かに近づいている感じはしました。f値の小さい(俗に言う明るい)単焦点レンズを用いているためある意味高倍率ズームのコンデジより綺麗な写真が撮れるかもしれません。あと絞りさえ付けばスマートフォンのカメラはコンデジにも化けるのではないか、と考えてしまいました。

 

 

honor 8についての記事 

h1karu.hateblo.jp

h1karu.hateblo.jp