読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

honor 8をじっくり外観比較・レビュー

ガジェット 写真

無事にHUAWEI honor 8が到着しましたので、前回に引き続きhonor 8の記事です!今回は本体をレビューしていきます。

 

20161217_204501

 

前回の記事で開封した様子をアップロードしました。付属品が気になる方はご覧になってください♪ 

h1karu.hateblo.jp

 

さぁさぁそれではまじまじと本体を見ていきましょう♪

ちなみに記事冒頭の写真は左からhonor 8、Galaxy S6 edge、iPhone 5となっています。大きさの比較ですが、画面のサイズからして妥当な本体の大きさですね。

 

20161217_202458

ここからはhonor 8とGalaxy S6 edgeの一騎打ち。Amazon楽天などの写真で見比べるとそんなに色の差がないように感じるのですが、このように横に並べると一目瞭然です。

と言いたいところなのですが、画面縁の色は目視だとhonor 8のほうが青っぽくて明るい一方で、Galaxy S6 edgeは暗い青に見えます。どちらの機種も光を反射するような加工がされているためにちょっとした反射で色が変わって見えるのでしょうか。

 

20161217_202619

こちらは本体下部、左がhonor 8で右がS6 edgeです。基本的に配置は同じで左から3.5mmイヤホンジャック、USB端子、マイク&スピーカーとなっています。USBの端子はhonor 8がUSB-Type CでS6 edgeは従来のmicroUSB-Bです。どうでもいいですがS6 edgeはUSB端子が裏側寄りになっている気がしないでもないです。

 

20161217_202704

次に本体上部。どちらも左がマイク、右が赤外線ポート。S6 edgeにはSIMカードトレイがあり、ピンを通すことでトレイが取り出せます。細かいのですが、このトレイの位置は明らかに画面側に寄っていますよね?

 

20161217_202903

そして本体右側。honor 8はボリュームボタンと電源ボタンの両方を右側に備えているのに対してS6 edgeは電源ボタンしかありません。これがなかなか慣れず、honor 8を使っているとよくボリュームマイナスと電源ボタンを押し間違えてしまいます。

 

20161217_202939

そして本体左側はこのようになっています。honor 8はここにSIMトレイがあります。SIMトレイはスロット1をnanoSIM、スロット2をnanoSIMとmicroSDのどちらか排他的に使用することができます。

 

20161217_203125

背面を見比べてみるとこんな感じ。背面の反射の違いに関しては次の写真を見てください。

 

20161217_203315

 

S6 edgeの背面は1年間フィルムを張って過ごしていたためにフィルム自身が結構傷ついています...ただ反射の違いは見ていただけるかなと。honor 8は鏡ではなくあくまで反射した光の筋ができているのですが、S6 edgeは鏡のような反射です。honor 8は派手目に反射しますがS6 edgeは控えめとでもいいましょうか。

 

20161217_203932

最後に1枚。honor 8の結構気に入っている点なのですが、カメラの突起が無です。iPhone 5との比較写真を挙げました。iPhone 5も突起はありませんが、カメラのパーツが独立しています。一方honor 8は背面が1枚のガラスになっていてその下にカメラのパーツがあります。このことで背面がかなりすっきりして見えるし実際に触った感触もとてもいいです。

 

以上、honor 8の外観比較・レビューでしたがいかがでしたか?

honor 8のこんなところが気になるって方がいらっしゃったらコメント下さい♫

それでは。